執筆,監修,その他少し関与(しただけ)した本です

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 「知って得する定年講座」発売されました | トップページ | 国際特許流通セミナーで法律相談 »

2005年12月12日 (月)

「福祉関係事業者における個人情報の適正な取扱いのためのガイドライン」と「医療・介護関係事業者における個人情報の適切な取扱いのためのガイドライン」

 一昨日、千葉市内の私立大学で個人情報保護法の研修会の講師をしてきました。対象者が福祉・介護関係の関係者だったため、「福祉関係事業者における個人情報の適正な取扱いのためのガイドライン」「医療・介護関係事業者における個人情報の適切な取扱いのためのガイドライン」「「医療・介護関係事業者における個人情報の適切な取扱いのためのガイドライン」に関するQ&A(事例集)」を解説しました。

 厚生労働分野における個人情報の適切な取扱いのためのガイドライン等はhttp://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/seisaku/kojin/をごらんください。

 両ガイドラインを比較して興味深かったのが実習生に対する考え方の違いです。

 福祉の場合には「「従業者」とは、契約社員、嘱託社員、アルバイト、パートのみならず、理事、派遣労働者、ボランティア、実習生その他の当該事業者の指揮命令を受けて業務に従事する者すべてを含むものである。」と記載されています。実習生は従業者なので第三者に該当しないという考えでしょうか。

 医療・介護の場合には「「従業者」とは、医療資格者のみならず、当該事業者の指揮命令を受けて業務に従事する者すべてを含むものであり、また、雇用関係のある者のみならず、理事、派遣労働者等も含むものである。」とされており、実習生は例示されていません。さらに医療・介護ガイドラインのQ&A各論Q1-1には「実習の学生の受け入れのように第三者に個人情報を提供する場合には、あらかじめ文書により利用者又は家族の同意を得ておく必要があります。」とされており、実習生は「第三者」との考えのようです。同じ役所のガイドラインでも分野ごとにずいぶん違うものですね。

 それから、行政が「応答拒否」すべきようなケースに関する質問もありました。

« 「知って得する定年講座」発売されました | トップページ | 国際特許流通セミナーで法律相談 »

「個人情報保護法」カテゴリの記事

コメント

この記事のコメントではないのですが、困っています。アダルトサイトのバナーをクリックしたら、年齢認証のページが表示され、okをクリックしたら、それが入会手続きになっていたようで、(後でホームページに書かれていたのを知ったのですが)2日以内にお金を振りこまないといけなくなってしまったのです。何とか退会しようと計10回ほどそのページにいったのですが、利用回数が増えるだけでどうしようもできません。払わなければならないのでしょうか…不安です。お願いします。教えてください。あと2日、何の返事がなければ支払うことにしようと思います…

こんなページを参考にしてはいかがでしょう。

http://www.pref.tochigi.jp/keisatu/seikatu/one_click.html

ご多忙の中での返信ありがとうございます。とても参考になりました。これからもこのブログの更新を楽しみにしています。それでは…m(_ _)m 

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126958/7586622

この記事へのトラックバック一覧です: 「福祉関係事業者における個人情報の適正な取扱いのためのガイドライン」と「医療・介護関係事業者における個人情報の適切な取扱いのためのガイドライン」:

« 「知って得する定年講座」発売されました | トップページ | 国際特許流通セミナーで法律相談 »